第三回「国際母子栄養改善議員連盟会合」

途上国における子どもや母親の栄養問題に対する国際的な関心の高まりを受けて設立された国際母子栄養改善議員連盟の第3回会合が、2015年11月4日に衆議院議員会館にて行われました。今回は3回目の会合ということもあり、今後の具体的な取り組み方針についても報告がありました。

あべ俊子議員の司会進行のもと、武見敬三議員からのご挨拶から始まり、塩崎恭久厚生労働大臣から政府や経済界・学界だけでなく市民社会も加わった連携の重要性と、これまでの栄養問題への取り組みに関する日本の知見の途上国への共有、さらに日本国内における栄養問題の改善について、厚生労働省の考えを表明していただきました。また、柴山昌彦総理大臣補佐官からは、母子栄養改善に向けての省庁の壁を超えた横断的な取り組みの必要性についてお話していただきました。

アライアンス・フォーラム財団から具体的な栄養改善の事例の紹介のあと、平林国彦ユニセフ東京事務所代表から「国際母子栄養改善国家戦略タスクフォース」の設置についてお話がありました。また、最後には来日中のビル&メリンダ・ゲイツ財団のジェフリー・ラム氏からのお言葉もいただきました。

$_SERVER["REQUEST_URI"]: /7431
no sakura forwarded data
no data.bool(false)
by wordpress function