グローバルな栄養目標の達成に対して、初めになる5カ年間の投入枠組みが公表されました。

2016年4月17日ワシントンDCにおいて、グローバルな栄養目標の達成に対して、初めになる5カ年間の投入枠組みが世界銀行、リザルツ、1,000 Daysにより公表されました。このイベントは、今後より広く行われる公表のさきがけとなるもので、世界保健総会の目標6つのうち4つ(発育阻害、完全母乳育児、貧血、消耗症)を達するために今後10年間に毎年70億ドルが追加的に必要になるとしています。世界で何十億人もの母子の健康と発育に影響している課題であるにもかかわらず、現在の栄養への投入金額は毎年39億ドルに留まっています。イベントでは、各国政府が効果の高い解決策に対して直ちに投入を拡大できることが強調されました。この優先度の高い介入には現在使われている金額より年間22億ドルだけ多く必要になりますが、このことで220万人の命を救い、2025年までに5,000万人の子どもが身体的・知能的に発育することを可能にします。

関連サイト: http://thousanddays.org/world-leaders-make-case-investing-nutrition/

$_SERVER["REQUEST_URI"]: /7492
no sakura forwarded data
no data.bool(false)
by wordpress function