「第6回アフリカ開発会議(TICAD VI)」において、栄養が重要な分野として取り上げられました

2016年8月27日、TICAD VIの基調演説において、安倍総理が保健の基礎としての栄養の重要性に言及し、食と栄養のアフリカ・イニシアティブ(IFNA)の開始について発表しました。

また、TICAD VIの成果文書である「ナイロビ宣言」の本文中でも、TICAD VIの優先分野の3本柱の一つである「ピラー2:質の高い生活のための強靭な保健システム促進」の文脈において、「栄養、母子保健を含めたプライマリー・ヘルスケアへのアクセスの促進」の重要性が謳われました。

さらに、ナイロビ宣言のアクションプランである「TICAD VIナイロビ実施計画」においても、「ピラー2:質の高い生活のための強靭な保健システム促進」の第4項目に栄養のセクションが独立して記載され、IFNAや世界銀行が支援する栄養スケールアップ(SUN:Scaling Up Nutrition)運動のイニシアチブ、そして栄養に関する官民連携など、栄養不良に立ち向かうための取り組みの促進が書き込まれました。

TICAD VIナイロビ宣言の全文はこちら
http://www.mofa.go.jp/mofaj/af/af1/page3_001784.html

TICAD VIナイロビ実施計画の全文はこちら
http://www.mofa.go.jp/mofaj/af/af1/page3_001789.html

$_SERVER["REQUEST_URI"]: /7535
no sakura forwarded data
no data.bool(false)
by wordpress function