2011年世界の貧血

世界全体、地域毎、そして各国の貧血の有病率(prevalence)について最近WHOが発行した報告です。就学前の子ども(6-59ヶ月)、生殖可能な年齢の女性(15-49才)、妊娠状態毎、国連やWHOの地域毎、そして国ごとの貧血の有病率の推計値が記されています。本報告は、同じ対象集団に関して1995~2011年における血清ヘモグロビン濃度と貧血の有病率の推移に関して発生前回発行された分析に基づくものです。

報告ダウンロード

$_SERVER["REQUEST_URI"]: /documents/globalprevalenceanaemia2011
no sakura forwarded data
no data.bool(false)
by wordpress function