Anthropocene時代における人間の健康を守る:ロックフェラー財団報告(ランセット地球の保健シリーズ)

どの指標においても現在の人類の健康は歴史上のその時代よりも良好である。平均寿命は1950年~1955年に47才だったのが、2005~2010年には69才まで上昇し、同時期に5歳未満児の死亡率は214から59に減少している。 しかし、このような人間の健康の増進は人類史上に類を見ない速度で進行する自然生態系の破壊という高い代償を伴っている。人類の健康と環境の「健康」が関連していることを示す証拠が増えてきており、人類は自らの行動で地球もつ人命保護システムを不安定化させ、このまま自然システムの破壊が続くと過去の世紀の人類の健康の向上が反転させられる恐れがある。

外部ダウンロードはこちら⇒ http://www.thelancet.com/pdfs/journals/lancet/PIIS0140-6736(15)60901-1.pdf

$_SERVER["REQUEST_URI"]: /documents/safeguarding-human-health-in-the-anthropocene-epoch
no sakura forwarded data
no data.bool(false)
by wordpress function