The State of Food Insecurity in the World 2015

国連食料農業機構(FAO)、国際農業開発基金(IFAD)、 WFPが最新の国連飢餓報告書の中で「2015年世界の食糧不足の状況」を発表しました。 報告書によれば、世界の飢餓に苦しむ人口は1990~1992年から2.1億人減り、7.9億人になりました。しかし、世界の人口は1990年より19億人増加していることを考えると、この結果は驚くべきものです。発展途上地域では、栄養不足(undernourishment)の人口は、この25年間に23.3%から12.9%に減少しました。半分以上(129国中72)の国はFAOによりMDG目標1である「栄養不足の人口を半分にする」を達成したとされ、発展途上国全体としても目標にわずかに届かなかったという状況です。東アジアで大きな削減がみられたほか、南アメリカ・カリブ諸国、南西・中央アジア、アフリカの一部の地域でも早い進捗がありました。これは、包括的な(inclusive)経済成長、農業投資、社会保護、そして政治的な意思が飢餓人口を削減したことをしめしています。一方、サハラ以南のアフリカは栄養不足の人口の割合が最も高く(23.2%)、4人に一人が栄養不足であす。また、MDG目標1のもうひとつの指標である低体重栄養不良も、平行して削減が見られたものの、多くの国で低栄養の減少は遅く、これは栄養改善にはカロリー摂取だけでなく栄養の質や水と衛生などの包括的な改善が必要であることを示しています。

報告書のダウンロード

サマリーのダウンロード

$_SERVER["REQUEST_URI"]: /documents/the-state-of-food-insecurity-in-the-world-2015
no sakura forwarded data
no data.bool(false)
by wordpress function