te Lintelo と Lakshmanniyの共著の IDSエビデンスレポートNo.138。二次データを活用し、発展途上国が飢餓削減へのコミットメントと栄養へのコミットメントの強さに差があることを示しています。彼らは政治的コミットメントの9指標を合成するために文献をレビューしたうえで、調査ツールを作成し、栄養状態の深刻な5カ国(バングラデシュ、マラウイ、ネパール、タンザニア、ザンビア)でデータ収集することで、飢餓削減に対する政府のコミットメントが栄養へのそれと同じかどうかを検証しています。

ダウンロード