ネパール栄養改善プロジェクト

ネパールでは、乳幼児の4割、女性の2割強が栄養不良という状況が感染症の繰り返しという悪循環に繋がり、乳幼児の21人に1人、そのうち5ヶ月未満児は16人に1人という高い死亡率の背景となっている。この栄養問題を解決するために

ミャンマー国カレン州における食糧確保事業

同時期に実施していた栄養事業の持続的ならしめるため、貧困世帯に対して養鶏用の雛を配布(養鶏は、地元で営まれている生計活動のひとつであることから受け入れられやすく、また卵は栄養価の高い食材のひとつである)。また、鶏配布前に

総合的子どもの発達事業(第2フェーズ)1年次

特に貧困地域といわれる北部山岳地域イエンバイ省ルックイエン郡で総合的な子どもの発達を促進することを目的とし、行動変容を通した子どもの栄養改善、妊婦検診や家庭訪問を通した妊婦の健康促進、完全母乳育児の推進、家庭菜園を通じた

コントゥム省子どもの栄養改善事業

コントゥム省ダックグレイ郡並びにダックトー郡の2歳未満の子どもの栄養状態を改善することを事業目的とする。プロジェクトの活動場所 コントゥム省ダックグレイ郡及びダックトー郡 プロジェクトの効果を受ける人たち ・コントゥム省
$_SERVER["REQUEST_URI"]: /pgnut/ps47
no sakura forwarded data
no data.bool(false)
by wordpress function