タイヤン郡地域総合開発事業

山岳少数民族の人々が、農業、保健・医療、教育分野などに関わる様々な問題を地域内の相互協力の下に解決し、生活水準の向上を目指すと同時に、地域の持続的な社会経済発展を担っていける能力(知識、技術、経験)を備えることを目指す。

南スーダン 帰還民再定着支援事業

スーダン内戦の終結によりエチオピアから帰還した人々が生活を建て直すことができるよう、帰還民一時滞在センターを活用し、帰還民や地元コミュニティーを対象に生活再建支援を行なった。2012年に引き続き、パガックでは栄養改善活動

スーダン南部 帰還民再定着支援事業

スーダン内戦の終結によりエチオピアから帰還した人々が生活を建て直すことができるよう、帰還民一時滞在センターを活用し、帰還民や地元コミュニティーを対象に生活再建支援を行なった。2010年に引き続き、パガックでは学校給食支援

ミャンマー国カレン州における食糧確保事業

同時期に実施していた栄養事業の持続的ならしめるため、貧困世帯に対して養鶏用の雛を配布(養鶏は、地元で営まれている生計活動のひとつであることから受け入れられやすく、また卵は栄養価の高い食材のひとつである)。また、鶏配布前に

総合的子どもの発達事業(第2フェーズ)1年次

特に貧困地域といわれる北部山岳地域イエンバイ省ルックイエン郡で総合的な子どもの発達を促進することを目的とし、行動変容を通した子どもの栄養改善、妊婦検診や家庭訪問を通した妊婦の健康促進、完全母乳育児の推進、家庭菜園を通じた

子どもの健康と栄養事業(最終年次)

この事業の目的は、5歳未満児の栄養不良を削減すること。そのために、5歳未満の子どもの母親や妊婦の栄養に関する知識を向上させて栄養不良を防ぐとともに、定期的な身体計測によって栄養不良を早期に発見し、新鮮で栄養バランスのある
$_SERVER["REQUEST_URI"]: /pgnut/ps59
no sakura forwarded data
no data.bool(false)
by wordpress function