タイヤン郡地域総合開発事業

山岳少数民族の人々が、農業、保健・医療、教育分野などに関わる様々な問題を地域内の相互協力の下に解決し、生活水準の向上を目指すと同時に、地域の持続的な社会経済発展を担っていける能力(知識、技術、経験)を備えることを目指す。

子どもの健康と栄養事業(最終年次)

この事業の目的は、5歳未満児の栄養不良を削減すること。そのために、5歳未満の子どもの母親や妊婦の栄養に関する知識を向上させて栄養不良を防ぐとともに、定期的な身体計測によって栄養不良を早期に発見し、新鮮で栄養バランスのある

ダーディン郡地域総合開発事業

貧困地域であるダーディン郡の人々の生活改善と生活水準の向上を図ることを事業目的とする。プロジェクトの活動場所 バグマティ県ダーディン郡 カルテ地区、カレリ地区、クンプール地区、スナウラ・バザール地区 プロジェクトの効果を

食糧確保のための相互扶助活動

グローブハウスⅢは、職業訓練やフェアートレード商品の生産活動などを行う小教室、カウンセリングルーム、集会やワークショップなどを行う大教室と、 受益者やスタッフが宿泊できる部屋(4部屋)及び倉庫と簡易台所の計8部屋で構成さ

スポンサーシップ・プログラム

日本の支援者がアジアの貧困の中で暮らす子どものひとりを学校へ通えるように支援する。1975年よりフィリピン、スリランカ、ネパールで活動をしており、今では、5,000名の子どもたちがこの支援により学校に通っている。 月々4

ラオス 少数民族食糧確保のための支援事業

ラオス人民民主共和国ロン郡の7村を対象とし、新しい農業技術や品種を採り入れることにより農作物の収量を上げ、食糧や生計を安定・向上させることを目的とした事業を実施した。日本で有機農業を実践した経験のある農業専門の日本人スタ

ロレイアッピア郡農村開発事業

対象地域の住民が健康的な生活を送るために十分な食料を確保し、栄養のある食事を摂れるようになることを目指す。①コメの生産性向上、②小規模家畜飼育による収入向上、③食生活の改善、④衛生的な環境の整備、⑤情報及び経験共有の促進

コンポンチュナン州農村開発事業

対象地域の住民が健康的な生活を送るために十分な食糧を確保し、栄養のある食事を摂れるようになることを目指す。プロジェクトの活動場所 コンポンチュナン州ロレイアッピア郡内3地区25村、ボリボー郡内2地区14村 プロジェクトの
$_SERVER["REQUEST_URI"]: /pgnut/ps62
no sakura forwarded data
no data.bool(false)
by wordpress function