協同組合支援

HFWが貸し付けた元手で、女性グループがタマネギや調味料を販売するビジネスを展開。各家庭の収入を増やし、生活向上に役立っています。

農村女性のための自立支援事業

農村女性は、家事や水汲み労働等、生産性の低い労働に追われ、女性が現金収入を得る手段が少ない。また、小作農も多く日雇いに出るが日当は100円程度と低い。その状況を改善すべく、家庭でもできる食品加工や手工芸の技術を学ぶ研修を

スポンサーシップ・プログラム

日本の支援者がアジアの貧困の中で暮らす子どものひとりを学校へ通えるように支援する。1975年よりフィリピン、スリランカ、ネパールで活動をしており、今では、5,000名の子どもたちがこの支援により学校に通っている。 月々4

女性自立グループ育成プロジェクト

ミャンマー中央部に「Dry Zone=乾燥地域」と呼ばれるところがある。井戸を掘ってほしいと要請のあった村に行き、村の「水管理委員会 」と話し合い、信頼関係を築きながら計画を立てる。井戸掘り、古井戸の修理、維持管理トレー
$_SERVER["REQUEST_URI"]: /pgnut/ps63
no sakura forwarded data
no data.bool(false)
by wordpress function