衛生・権利啓発

住民の中から育成された推進役が中心となって、「食料への権利」や栄養・衛生の知識を住民にわかりやすく伝えています。

Shinyanga ECD nutritionproject

タンザニア連合共和国シニャンガ地方のECDセンターを対象として、給食の提供や保護者と教員らへの栄養教育を通じて、センターに通う子どもたちの栄養状態が改善することを目指した。1年間の事業を通じ、中度の栄養不良状態にある子ど

ダーディン郡地域総合開発事業

貧困地域であるダーディン郡の人々の生活改善と生活水準の向上を図ることを事業目的とする。プロジェクトの活動場所 バグマティ県ダーディン郡 カルテ地区、カレリ地区、クンプール地区、スナウラ・バザール地区 プロジェクトの効果を

スポンサーシップ・プログラム

日本の支援者がアジアの貧困の中で暮らす子どものひとりを学校へ通えるように支援する。1975年よりフィリピン、スリランカ、ネパールで活動をしており、今では、5,000名の子どもたちがこの支援により学校に通っている。 月々4
$_SERVER["REQUEST_URI"]: /pjcat/pm14
no sakura forwarded data
no data.bool(false)
by wordpress function