ラオス 少数民族食糧確保のための支援事業

ラオス人民民主共和国ロン郡の7村を対象とし、新しい農業技術や品種を採り入れることにより農作物の収量を上げ、食糧や生計を安定・向上させることを目的とした事業を実施した。日本で有機農業を実践した経験のある農業専門の日本人スタ

バンエン地域開発プログラム(生活向上)

生計向上プロジェクト 貧しい家庭に種子や家畜支援をおこない、適正価格で販売することで次の作付けに向けて種や苗を購入するように支援しています。稲作のほか、冬季にトウモロコシの栽培を奨励し、農業生産が拡大しています。微生物酵

パランサイ地域開発プログラム(食料確保)

食糧確保プロジェクト 改良品種の米の配布により、収量の増加が見られました。ヤギの支給により食料品目を増やすと共に、所得向上も図りました。小規模ダム施設の整備により、乾季でも農作物生産が可能になりました。伝統織物の製作販売

タプタオ地域開発プログラム(経済開発)

経済開発プロジェクト 村に生産者の協同作業、出荷のためのセンターを作り、農民が仲買人との値段交渉力を付けたり、より消費者に近い販売ができるよう支援しています。ビジネスについての経験を積み、共同価格交渉や消費者の求める無農

プンガラ地域開発プログラム

0から5歳の子どもの母親対象に妊産婦ケア、母乳育児、予防接種、家庭菜園、栄養バランスに配慮した調理法、身体測定などの研修実施。6歳から12歳を対象として子どもの権利について学ぶ研修の実施。13歳から18歳の子どものいる家

ゴロワ地域開発プログラム(農業プロジェクト)

農業プロジェクト 最も貧しい家庭に対して、改良種の牛を支給し、得られる牛乳を家庭消費の他、販売して所得向上につなげました。またこれまで品質の良い種子を適切な間隔にまき、有機堆肥の使用、雑草処理などの指導を行うことにより、
$_SERVER["REQUEST_URI"]: /pjcat/ps15
no sakura forwarded data
no data.bool(false)
by wordpress function