スポンサーシップ・プログラム

日本の支援者がアジアの貧困の中で暮らす子どものひとりを学校へ通えるように支援する。1975年よりフィリピン、スリランカ、ネパールで活動をしており、今では、5,000名の子どもたちがこの支援により学校に通っている。 月々4

育苗場運営・植林

2008年3月からカブブ区で実施していた井戸・トイレ建設事業が9月に完了。人口約6000名に対して深井戸1基しかなかったカブブ区内4ヵ村に、計16基の浅井戸が完成し、またカブブ区全7ヵ村に各1ヵ所ずつ計7ヵ所の公衆トイレ

東南アジア水害被災者への緊急支援物資配布

2011年にカンボジアを襲った大規模洪水により、被災地域では長期に渡って安定した食料確保や十分な栄養摂取が困難な状況が続いた。被災者の生活再建と栄養不足緩和を目的として、野菜の種、肥料と農具の配付、栽培研修を実施した。シ

青少年対象の養豚、養鶏

若者の失業率が高いウガンダ。若者が職を得られないことは家計にも影響し、貧困を抜け出せない要因のひとつとなっています。ハンガー・フリー・ワールド(HFW)の青少年組織ユース・エンディング・ハンガー(YEH)では、ウガンダ支
$_SERVER["REQUEST_URI"]: /pjcat/ps20
no sakura forwarded data
no data.bool(false)
by wordpress function