衛生・権利啓発

住民の中から育成された推進役が中心となって、「食料への権利」や栄養・衛生の知識を住民にわかりやすく伝えています。

協同組合支援

HFWが貸し付けた元手で、女性グループがタマネギや調味料を販売するビジネスを展開。各家庭の収入を増やし、生活向上に役立っています。

女性対象の協同組合支援

ベナンで主食のひとつとして食べらているキャッサバ芋を使った食品加工事業を行っています。加工品の質の向上や協同組合の強化を支援しています。

障害者の栄養改善事業

ヤンゴンの障がい者自助団体のメンバーおよびその家族約320名を対象に、座学と調理実習を組み合わせた全3日の栄養指導ワークショップを実施した。事前の調査を基に摂取の多かった塩分、油分の抑制、逆に少なかった炭水化物の奨励、バ
$_SERVER["REQUEST_URI"]: /pjplayer/pm01
no sakura forwarded data
no data.bool(false)
by wordpress function