ネパール西部の丘陵地域に属する3つの郡において、3年間をかけて事業を実施した。事業の目的は妊産婦が安心して出産に臨むことができる設備の整った医療機関を建設し、そこで働く人々の出産介助に関する知識を向上させ、安全な出産環境を整備することであった。1期はダイレク郡において、お産センターの建設及び郡病院へのソーラーシステムの寄贈、医療従事者へのスキル向上トレーニング、対象事業地住民への健康に対する啓発活動を実施した。