シェアは、2009年から保健ボランティアによる保健活動をサポートする、保健行政スタッフの能力強化を行いました。村での包括的地域保健活動が、行政と地域住民によって実施されるよう、保健行政スタッフの人材育成や仕組みづくりを行いました。