先住民族の子どもたちの文化教育支援

  • 特定非営利活動法人シャプラニール=市民による海外協力の会
  • 2012〜2015 現在も継続運営中
  • バングラデシュ

「バングラデシュ北西部先住民族の子どもたちの文化教育支援」は、サンタル*と呼ばれる先住民族の人々が、ベンガル人社会の中で不利な立場におかれることなく、平等な権利を享受できるようになることを中長期的には目指している。まずは就学前の子どもたちを対象にした教育支援に取り組んでいるが、2 年目となる 2013 年度までに、計 127 人の子どもたちが就学前教室を卒業して公立小学校へ入学。この子どもたちの教育環境のさらなる改善をはかるため、SMC メンバーにサンタル*の女性が選出されるよう、会合と選挙の準備を支援した結果、8 つの学校で計 9 人のサンタルが選ばれた。自分たちが直面している問題を共有し、今後の課題解決に向けた足掛かりを築くことができた。

$_SERVER["REQUEST_URI"]: /projects/pjt0066
no sakura forwarded data
no data.bool(false)
by wordpress function