母乳・補助食の栄養指導と生計向上支援事業(第3期)

  • 公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン
  • 2012~2013
  • ミャンマー

事業は保健・栄養改善と生計向上の2本柱で、母親と子どもの持続的な生活改善を目指している。新しい事業の対象地域であるバゴ西管区は人口13万人が暮らす農村地域であり、ミャンマーの中でも最も経済的に貧しい地域。人口の77%が貧困層で、多くの世帯は土地を所有しておらず、小作人として暮らしを立てている。毎年4月~5月の耕作期前と9月~10月の収穫期前には土地のない世帯は労働機会が少ないことから、十分な収入がなく、食料を購入できないことから、子どもたちの栄養状態は危機的な状況となっている。セーブ・ザ・チルドレンでは、このような状況を改善するために、妊産婦や子どもの保護者の栄養教育活動、栄養給食を通じた急性栄養不良の子どもの支援、そして、菜園や貯蓄活動など子どもを持つ世帯の収入向上活動を実施していく。

$_SERVER["REQUEST_URI"]: /projects/pjt0093
no sakura forwarded data
no data.bool(false)
by wordpress function