フィリピン台風ハイエンの被災者に対する乳幼児の栄養サポートと母乳育児推進事業

  • 公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン
  • 2013~2014
  • フィリピン

被災地では、新たな命が次々と生まれる中、未だ安全な水を確保することが難しく、粉ミルクを調合することも、哺乳瓶を消毒することも非常に困難な状況である。汚れた水を使用することで、赤ちゃんが下痢になったり、下痢が続くことで栄養失調になったりするリスクを削減するためには、母乳育児が重要な解決策となるが、お母さんが安心して母乳を与えたり、赤ちゃんの栄養に関するサポートを受けられたりする環境が不足していた。セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンは、赤ちゃんとお母さんが栄養に関するサポートが受けられる「親子にやさしいテント」を構築した。

$_SERVER["REQUEST_URI"]: /projects/pjt0097
no sakura forwarded data
no data.bool(false)
by wordpress function