農村女性は、家事や水汲み労働等、生産性の低い労働に追われ、女性が現金収入を得る手段が少ない。また、小作農も多く日雇いに出るが日当は100円程度と低い。その状況を改善すべく、家庭でもできる食品加工や手工芸の技術を学ぶ研修を約30名の女性を対象に実施した。