伝統食を通した栄養改善教材作り(フィリピン・山の学校保健室を拠点とした地域保健改善事業)

  • 日本フィリピンボランティア協会
  • 2009
  • フィリピン

このプログラムではフィリピンで昔から食べられている地元で収穫できる食物を利用し、バランスの良い食事をとることができるよう、山間部の学校の子どもたち及び保護者や学校関係者などを対象に栄養講座や啓蒙活動を行い、昔ながらの食事を見直し、子どもたちの栄養を改善していくと同時に、その食事を栄養学的に分析し、冊子など視聴覚教材を取り入れ、バランスのより良い食事のためには何が不足しており、何を食べればよいのかを上記の関係者に広め、食改善につなげていく。なお『ミンダナオ伝統料理を通した栄養改善』の教材は2009年、2010年に、それぞれ英語版、ビサヤ語版を作成。現地で配布使用して残部はありませんが、協会事務局に依頼いただくとPDFをおわけできます。

$_SERVER["REQUEST_URI"]: /projects/pjt0182
no sakura forwarded data
no data.bool(false)
by wordpress function