内戦後に故郷に帰還した住民たちが生活を立て直し、現金収入を得られるように、農業や養鶏に役立てられる「生計支援パッケージ」を配布しました。また公営ミルク工場の支援や酪農研修なども行いました。