ポニャー・ルウ地域開発プログラム(保健プロジェクト)

  • 特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパン
  • 2013
  • カンボジア

保健プロジェクト 村の保健ボランティア・グループと保健センター、保健行政の緊密な連携が進み、保健センターの利用が増え、また子どもの栄養、予防接種にも注意を払うようになっています。助産師のいる保健センターでの出産も増え、産前産後の定期健診のための保健センターに通う人の数も増えています。保健センターで妊婦と産後の女性の鉄葉酸錠剤の支給、妊婦への2回の破傷風ワクチンの投与を行いました。生後0から12カ月の乳児全員にワクチン接種を行いました。多くの母親が出産後の母乳栄養の重要性を理解し、母乳保育を実践するようになっています。

np_Cam-pjt0316

PDF: CAM– 182126

PDF: プログラム近況報告

$_SERVER["REQUEST_URI"]: /projects/pjt0316
no sakura forwarded data
no data.bool(false)
by wordpress function