先住民族の学校給食の実施と栄養研修

  • (特活)ビラーンの医療と自立を支える会
  • 2010
  • フィリピン

事業予算:260千円 受益者数:  サウスコタバト及びサランガニ州内山岳部6小学校の先住民族児童約300人 期待する成果: 週3回の給食実施で学習効果の向上、栄養不良児童の減少 ダタルサファン分校の給食は、ただ1人の教師であるロバート先生のスタッフハウス炊事場で、お母さんたちが交代で担当します。小さな体に山盛りご飯。いつもその量に驚きます。今回分校からクルファンディ水道建設現場までのきつい山登りを体験して、子どもたちが毎日の通学に費やすカロリーがいかに大きいか実感できました。たくさん食べて!と言いたいですが、今年度の予算は300人分26万円です。炊事当番のお母さんたちの安くて栄養のあるメニューに期待しています。

$_SERVER["REQUEST_URI"]: /projects/pjt0352
no sakura forwarded data
no data.bool(false)
by wordpress function