ネパール栄養改善プロジェクト

  • チャイルド・ファンド・ジャパン
  • 2000〜2008
  • ネパール

ネパールでは、乳幼児の4割、女性の2割強が栄養不良という状況が感染症の繰り返しという悪循環に繋がり、乳幼児の21人に1人、そのうち5ヶ月未満児は16人に1人という高い死亡率の背景となっている。この栄養問題を解決するために、本プロジェクトは、以下の目的で2000年から8年にわたり実施されました。全国レベル:効果的な栄養改善策を普及させるため、栄養教材開発や研修などによる他の栄養事業実施団体の活動支援や政策提言を行なうこと。地域レベル:家族の中でも特に女性が、地域で入手可能な食材に関する栄養知識を身につけ子どもとその母親の栄養改善を行うこと。

$_SERVER["REQUEST_URI"]: /projects/pjt0380
no sakura forwarded data
no data.bool(false)
by wordpress function