HIV陽性者の服薬治療継続支援

  • AAR(難民を助ける会)
  • 2013〜
  • ザンビア

AARでは2013年よりルサカ州の3つの診療所を拠点とし、HIV陽性者の服薬治療継続支援を行っている。その中の活動の一つとして、治療患者とその親近者を対象に、治療継続のための勉強会を開催している。患者が免疫力を保持し、健康を維持するためには、規則正しい抗レトロウイルス薬(ARV)の服用が大事であるが、同時に、栄養バランスのとれた食事を行うことも大変重要視されている。そこで昨年より、同勉強会のメニューの中に栄養について学んでもらうグループワークを導入した。このグループワークは、地元住民が手に入りうる食材の写真カードを組み合わせて栄養バランスのとれたメニューを考えてもらい、グループ発表を通じて学んでもらう取り組みである。視覚教材を用いたことと、ゲーム的な要素が大きいため、参加者も楽しみながら参加することができている。

$_SERVER["REQUEST_URI"]: /projects/pjt0381
no sakura forwarded data
no data.bool(false)
by wordpress function