UNICEF栄養事業について

UNICEFは世界中ですべての子どもたちの権利が守られることを実現するために活動している国際機関です。栄養は子どもの権利の中でも、特に生きる権利と育つ権利を守るための重要な課題です。5歳未満児の死亡の大半が間接・直接的に栄養不良に関係していることを鑑みると、世界的に栄養状態を改善することは特に脆弱な立場にある子どもたちの命にとって重要であり、また社会の公平性を推進するものです。また、栄養状態が良好であることは、学校や職場でのパフォーマンスや生産性向上に繋がり、ひいては社会の全体の医療コストの削減にもつながります。つまり、持続可能な開発や経済成長の根幹をなすものです。このような視点から、UNICEFでは栄養分野を2014-17年の新戦略計画の7つの主要な分野の1つに位置付け、特に妊娠期から2歳までの最初の1,000日に焦点をあてた栄養支援活動を世界90か国以上で展開しています。

2014年、UNICEFは75カ国290万人以上の急性栄養失調の子どもたちの達への栄養支援を行ったほか、91国で各国政府の栄養政策戦略計画の改定や立案への支援を行いました。また、この年はエボラ出血熱の感染地域においてWFPと協力し60万人以上に緊急栄養支援を届けました。これは、同地域での栄養問題は生存に関わる緊急課題であり、セーフティネットとして重要であるためです。

さらに、UNICEFの他の主要な開発分野での取り組み(妊産婦と子どもの健康、水と衛生、HIV/AIDS、教育、子どもの保護など)も、女性と子どもたちの良好な栄養状態を含む健康維持に寄与する大切な活動です。こうした他のセクターの活動とのクロスカッティングな連携も、多岐にわたる分野で活動するUNICEFの特徴の一つです。

UNICEFの栄養に関する取組の詳細については、以下のリンクをご覧ください。
http://www.unicef.org/nutrition/  (UNICEF本部ホームページ、英語)

2013年4月発行の栄養に関するレポートはこちら。
http://www.unicef.org/publications/index_68661.html  (UNICEF本部ホームページ、英語)

 

 

© UNICEF/INDA2013-00362/Romana

© UNICEF/INDA2013-00362/Romana

Ajit one year and seven month malnourished child is given supplement at Nutrition Rehabilitation Centre (NRC) in Kolaras block, district Shivpuri in Madhya Pradesh. Despite being rich in natural resources like diamonds, Madhya Pradesh is more infamous for its poverty. It is home to around 50 million people who defecate in the open air without latrines (around 70% of its 72 million people). These people consequently do not have adequate hygiene, without soap and enough water to wash their hands after defecating. About 5% of the global total of open defecators can be found in this one Indian state alone. Madhya Pradesh is also home to some of the most undernourished children in India with 50% of under threeÕs suffering from stunting (chronic malnutrition), an indicator of long-term persistent nutrition deprivation that lead to poor physical growth and brain development in children with tragic implications for child survival, growth and development. UNICEF India/ 2013/Manpreet Romana

インド、プラデシュ州シヴプリーの栄養リハビリセンターで栄養補助食を食べる1歳7カ月の子ども。

 

 

© UNICEF/PAKA2015-00288/Zaidi

© UNICEF/PAKA2015-00288/Zaidi

A nutrition assistant measures 7 month old Lata’s mid-upper arm circumference (MUAC) at UNICEF supported CMAM site in Village Meghwar Pro Chelhar, Tharparker District, Sindh Province, Pakistan. Photographer: Asad Zaidi

パキスタンシンド州にあるUNICEFが支援するコミュニティベースの急性栄養障害治療センターで上腕の周囲を測定して、栄養状態の検査を受ける7か月の子ども。

$_SERVER["REQUEST_URI"]: /projects/unicef
no sakura forwarded data
no data.bool(false)
by wordpress function