「健康な食」インド思春期女性意識改善・人材育成プロジェクト

  • (特活)地球市民ACTかながわ/TPAK
  • 2012~2013
  • インド

助成:味の素株式会社「食と健康」国際協力支援プログラム

地域:インド北部ウッタラーカンド州デラドゥン県ヴィカースナガル郡

対象:アウトカーストの貧困層・先住民族などの思春期女性(10歳~19歳)約5000人

活動:

  • 「健康な食」推進リーダー合計40名の育成 ・現場の活動を補助するフラッシュカード、ポスター、レシピブック等のIEC(情報・教育・コミュニケーション)教材の開発
  • 栄養の基礎知識を学ぶ「健康と栄養」キャンプの実施 ・「食の安全」ワークショップでは、衛生的な調理方法や地域で採れる薬効のある植物を使った家庭治療法の指導や微量栄養素についての講義を実施 ・家庭菜園ワークショップを通して女性達が家庭菜園に野菜や果樹を定植し、緑黄色野菜の摂取向上を目指す。
  • 調理実習では、入手可能な食材を用いた栄養価の高いレシピの実践や圧力鍋を用いた効率的な調理法について学ぶ ・身体測定、血色素検査により、健康状態の改善を確認。
  • 「学校健康キャンペーン」ではポスターコンテスト、クイズ大会を通して栄養と健康について学ぶ。
  • 味の素株式会社より専門家4名が派遣され、現地モニタリングとアドバイスがあった。
  • 母乳育児ワークショップの開催、世界ヨードデー、世界エイズデー、世界母乳育児週間、全国栄養週間、国際婦人デーに参加。

成果: 以上の活動の結果、事業開始当初と比較すると女性達の栄養についての意識が向上し、家庭菜園で自分たちが育てた緑黄色野菜を摂取したり、衛生的な調理法を行うことにより、女性達の貧血の数値などに徐々に改善が見られている。また女性たちの健康に対する意識向上も顕著である。

$_SERVER["REQUEST_URI"]: /projects/pjt0148
$_SERVER[HTTP_X_SAKURA_FORWARDED_FOR]: 3.80.38.5
$_SERVER[HTTPS]: on